健康のためには便秘解消しよう

「毎日排便しなければならない」という意見もありますが、本人が苦しくなければ数日排便がなくても便秘とは呼べないとも言われています。その人によって食べる量が違うため、排便の回数もおのずと違ってくるからです。便秘が健康に悪いと言われている原因は、本来なら排出してしまうべき老廃物がいつまでも体内にあることにより、腸内の悪玉菌が増殖してしまって肌荒れや免疫力の低下や、ひどくなると腹痛や吐き気などを感じる人もいます。便秘解消のためには水分をしっかり摂取して便を柔らかくして排出されやすくしたり、食物繊維を摂取することで便の量を増やす、毎日決まった時間にトイレに行き、排便する習慣をつけるようにすることで、解消することが出来ます。